もっと広まってほしいプチ脂肪吸引

太ももの施術はこんな感じ

施術当日、局所麻酔で意識はある状態で脂肪吸引が始まりました。
太ももを行ってもらったのですが、太ももは全身の中でも一番施術例の多い場所だそうで、先生も慣れた感じで進めていってくれたので安心できました。
麻酔はしていても、若干の痛みや違和感はあります。
それからこうした手術的な経験自体初めてだったので、怖さも最初の方は少しだけありました。
ただ振り返るとあっという間に施術は終わり、ここもプチならではの魅力なのだと思いました。
麻酔が切れるまでベッドで横になっていたのですが、気になったのは太ももに巻かれた包帯と圧迫感くらいです。
その後麻酔が切れて痛みを感じるようになったものの、何やら筋肉痛のようなどんよりとした痛みだけで、どうにもならないレベルではなかったのも嬉しい誤算でした。
包帯が取れて腫れも引いたのは、術後から3週間ほど経ってからです。
正直長かったのは事実ですが、パンツスタイルで脚を見せない生活をしていましたし、人知れず良くなるのを待つだけで心は楽でした。
肝心の効果も期待以上、太もも同士の間にしっかり隙間ができるくらいサイズダウンに成功していました。
こんなにもスリムな自分の脚を見るのは、もしかすると中学生のとき以来かもしれません。
脂肪吸引の痕も、全く残っていなかったです。
ここも現代の技術は素晴らしいと感じたポイントですが、本当に家族にも友人にも近くで見てもらいましたが気付かないと言われました。

脂肪吸引いいなあ!どこ吸引するの?🤔おいどんは太ももしたいどす🤔わー!!!なら9月中旬狙っていくね!肌管理とプチだけする予定なの!!!🐝🌼💞

— ポン柑ちゃん🍊 (@MPTD1212) July 16, 2019

プチ脂肪吸引って??太ももの施術はこんな感じリバウンドがないから最高